2023年12月06日

可能な限りお直しします

P1430094.JPG


長年愛用して下さったショルダーバッグが
修理の為、帰省しましたよ✨

持ち主さんのお出掛けに沢山お供した証し、ショルダー紐の付け根が
ボロボロになってしまったので、革を変え付け直しました。



P1430105.JPG




今回は白糸で縫い付けてみました。
前回縫っていた針穴をカモフラージュするのと
アクセントも兼ねチクチクステッチしたりして
少し若返た感じがします。

しっかり働き者のバッグは、また持ち主さんのお役にたつ事でしょう。
ほころびや劣化していく中で、それでもまだ使いたいと願って下さる
そんな熱い気持ちが嬉しくて、お直しは難しい場合もあるけれど
楽しいです。
そして、以前自分がした仕事ぶりを見直す
勉強の機会でもあります❗



P1430104.JPG



このショルダーは、二面違う織りなので毎回どちらを面とするか
考えるのが良いなと思います。
裂き織りは、私の場合ある素材を裂いて織るので
同じ織りが十分ではない場合もあり、ふんだんに織れる場合もありで
その時々の上がりでモノ作りする為、色んな出来上がりになるのです。
ゆえに、同じものを作って欲しいとリクエストがあっても
お答え出来ません。

お直しは、元の状態に戻す事は出来ないのですが
さらに使いやすくする努力は惜しまず、もっと使いたいと
思って下さるようにリメイクします。
なので、お買い求め下さったバッグはご心配なく
どんどんお使いになって下さいね〜🎶
(※色落ちの心配がありますので雨の日や水濡れは要注意です)














posted by くるみ at 21:08| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 織り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック