2023年11月21日

アクシデント

P1430085.JPG



何か暗号みたいな模様に裂いた布が偶然なりました。
面白いモノが出来そうな予感✨

この機を会場に送り、実際の織りの様子を見て頂きたかった。

と言うのも実は、送れなくなってしまいまして💦
いつもの会社含め数件の配送会社から、織り機の配送は出来ませんと・・・(涙)
K社は、普通の宅急便では送れない大きなサイズのものを引っ越し便で
対応してくれていたのですが、家庭用サイズの織り機と説明しても
足があるタイプの機はリスクがあり、保険はかけるのですが
何かあった際、保証したくないんですよね。
とにかく企業は無理せず安全な配送で儲けたい訳です。

10年くらい前、利用した際に破損した事があり、それから避けてきたS社に
ダメ元で電話で問い合わせした際、オペレーターさん
「はい大丈夫です」と明るく受けて下さり、本日発送予定だったのですが
ドライバーさんが現物を見て、コレは受けれませんって!

精密機械のようなものだし、しっかり梱包されているのは認めますが
以前、受けて破損しご迷惑かけた事もある訳で
S社は、こういった壊れそうなものは受けない方針です!
と予約を受けてくれていたのに言うんですっ。

ベルトコンベアに乗り、他の荷物がぶつかったりする場合もあり
ズレて落ちる場合もあり、リスクの高いものは申し訳ありませんが
受けれませんって。
それだったら、電話で問い合わせした時に断って欲しかったと
伝えると、オペレーターはサイズと重さでしか判断しなかったのだろうと。
ううううっ💧

この後、大きな荷物を得意とするS運輸やN通運など
調べてみたらとアドバイスを受けまして
問い合わせすると、個人の取引は無いとの事。

今回は会場に、いつも相棒となり同行してくれた織り機は無く
そして悔しいのは、この数日間大切な私の時間が糸張りや梱包に
心血注いだ行為が、無駄となってしまい、涙が出そう💧
凄い量のエアパッキンもテープも紐も無駄になってしまった。

けれど、悲しんでいてもしょうがありません。

展示会が始まる前のアクシデントで幸いと思う事にします💡




20231121_153048.jpg



こんなにしっかり巻き巻きして、普通に配送されるならば
安全に送れると信じていたのに。
オペレーターさんが受けなければ、あの時点で諦めて
この糸張りをしないで済み、おそらくは3日分の時間を
もっと有意義に使えたのよね。
遊んで欲しいとせがむあんずに、ケージに入って貰ったり
我慢させて遊んであげれなかった事、他にも出来る事があったのだ。
何度思い返しても悔しいっ!

制作していたら、何か一つか二つ生まれていただろうと
未練がましく、だらだらと愚痴ってしまいました。
タラれば、なんて意味ないね。

人生修業、忍耐強くなったはずね。
どんなに頑張っても思うように行かない事はあるのだ。
そう、出来ない事は忘れて(まぁ忘れはしないけど)
明日の私の搬入をちゃんと出来る様に、頑張ります。

23日から、いよいよスタートです。



2.JPG




1.JPG








posted by くるみ at 21:27| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 織り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック